smilas|新築、リフォーム、高気密・高断熱住宅なら、岐阜県美濃加茂市の株式会社匠建へ

smilas

100年先も笑顔で暮らす、スマイラス。

徒然草の兼好法師の一説にある「家のつくりやうは、夏を旨とすべし」は冷房機器がない時代の話。 冬場に温度差が起因となって家庭内事故が増加する事から鑑みると「家のつくりやうは、冬を旨とすべし」。 私たちはそう提言します。極めて省エネでありながら、健康的に暮らせるための家づくりの秘訣をご紹介します。

真南向きの家は建てない

建物は真南を向いている方が望ましいと思ってらっしゃる認識の方も多いのではないでしょうか? 南向きに建っている家は、一見日当たりが良いように思えますが、北側の外壁に目をやるとそれは「北向きの家」という事になります。 道路計画や土地形状は概ね建物が南を向くよう幾何学的に整備・配置されている事で、何の疑問も持たないのはやむを得ないのかも知れません 。しかしながら、それがどういった弊害を生み出すかというと、北面の外壁は結露の発生しやすい冬場には1日を通して一度も直接日射を浴びる事はありません。 という事は北側外壁が結露を起こすリスクが非常に高くなり、ひいては窓の結露だけでなく断熱材、構造躯体(柱・梁等)の不朽の原因となります。 結露を起こした断熱材は本来の役目である「断熱性能」を極めて低くするだけでなく、アレルギーの原因でもある、ダニ・カビの発生を助長します。

南向きに家を建てないという事は、1日を通して必ず直接日射を浴びる事ができ、外壁・断熱材・構造躯体の保護に貢献すると共に、「日射熱の取得」により冬場の暖房エネルギーの削減に つながります。

日本の住宅では年間を通して「四季」があり、冬場は積極的な「日射取得」夏場は積極的な「日射遮蔽」という相反する生活スタイルが要求されます。

それを実現するためには、冬を考慮し南向きに家を建てず、1日中太陽の光を家中に取り込み快適な温度環境でありながら暖房費を削減するとともに、 夏は地域に吹く独特の風(卓越風)を積極的に取り入れられるサッシの位置・種類を選定し、風通りを考慮した間取りで外部からの日射遮蔽 (簾(すだれ)やオーニング・グリーンカーテン等)をする事がベストであると言えます。

冬場の北側外壁に発生した結露

吹抜け&リビング階段があるから冬暖かい

「吹抜けやリビング階段のある家は寒い」と思っていらっしゃる方も多いようです。しかしそれは熱をコントロールできなかった過去の話。 ヒートショック等による家庭内事故のリスクを減らすため、吹抜け&リビング階段、そして廊下を作らないことは私たちの家づくりには欠かせないファクターの一つです。 断熱・気密性能を高水準で提供する私たちにとっては、建物内の温熱環境を一定に保つための極めて有効な手段であり、スペースを無駄なく活用するほか、 視覚的に広く見えるといったメリットも同時に兼ね備えています。

川の水の流れを想像してください。川の水は高い山から最も低い海へ向かって流れます。これは運動エネルギーによるものです。 空気の流れもこれに当てはまり、密度の高い方から低い方へと移動しようとするエネルギーが生まれるのです。 ですから皮肉な事に、隙間だらけの家は家を暖めようとすればするほど空気の密度が低くるため、密度の高い外の冷たい空気を呼び込んでしまうのです。 これが隙間の多い家・建物での変え難い事実です。

では対照的に隙間の少ない家ならどうでしょうか?高気密・高断熱住宅とはいわば巨大な冷温蔵庫と同じ考え方です。 家全体を「立方体」として考えて、熱を上手にコントロールすれば、外部からの冷たい空気の侵入が極めて少ないぶん、空調されて暖められた空気は室内にとどまり、 その家の空気・床・天井・壁を温度ムラなく暖める事ができます。逆に吹抜けやリビング階段を設けることが、エアコンの暖められた空気をスムーズに2階へと運んでくれるので 家全体を暖かくすることにもつながります。匠建がつくる家は、熱を管理して吹抜け&リビング階段があるから冬暖かく、家の中の温度差が2℃以内の快適な住まいを目指しています。

その地域だけに吹く「風」をご存知ですか?

匠建がまずはじめに行うこと。それは建設予定地に行き、その地域の風の吹き方を調査すること。
一般的に夏場は南風、冬場は北風という認識が多いようですが、実際はその限りではありません。風はお住まいの地域によって吹き方は様々です。そうした地域特有の風を「卓越風」と呼びます。
家の中の「風通り」はただそこに「窓があればいい」のではなく、積極的に風を取り入れたい季節には風の吹く方向にあった種類の窓を選ぶほか、家全体の風通しを考えたプランを立てる事で、弱い風でも家全体が涼しく感じるほか、夏場に溜まった熱気をスムーズに排出し、冷房の効きの早さや効率を大幅に上げる事ができます。高い位置に窓を設置する事が一つの例です。地域の風を紐解くことで、家の中が風を通り抜ける理想的な通風計画と間取りをご提案します。


岐阜県美濃加茂市に吹く風の特徴

床で換気するからニオイも気にならない

空気をデザインするという発想。
人間は1日に約20㎏の空気を呼吸しています。だからこそ、きちんと換気をして新鮮な空気を供給できるということは家族の健康を保つ役割はとても大きいと私たちは考えます。 空間だけでなく、空気のクオリティにもこだわって住まいをデザインすること。家族が末永く健康的に暮らせる住まいが、私たちが考える理想の住まいです。

れた空気は床に溜まる

毎日掃除をしていて気づくこと。ホコリは天井付近にありますか?それとも床面ですか?
そう、ほとんどのホコリは床面に落ちています。それはホコリなどの浮遊物は空気より重いから。空気より重いものは時間をかけて必ず沈下します。シックハウス症候群やアレルギーを引き起こすハウスダストも空気より重いため、床面付近に溜まりやすいという特徴を持っています。いわば床面付近こそ家の中で一番汚れた空気が溜まっているということに言い換える事ができます。そこで、匠建では床面から排気を行うセントラル換気システム【DSDD】を採用。床面に設置した集中排気グリルから汚れた空気を効果的に排出し、家の中をクリーンな状態に保ちます。


DSDD

室内排気口から集められた空気の熱のみを回収し、給気されたクリーンな空気に、回収熱と地中熱を利用して室内へ給気します。

換気システム図

セントラル換気システムDSDDでできること

①大気中の花粉や土埃を除去しクリーンな吸気を実現(花粉の粒度は20ミクロン)。
◎ろ過粒度 10ミクロン ◎ろ紙面積 8㎡
フィルターのろ紙面積も広げれば8㎡

②地中熱+ダクト熱の熱回収・・・24時間365日流れ続ける排気ダクト表面の「熱」のみを回収します。
熱回収+地中熱で一石二鳥の熱エネルギーを得ることが可能。

③地中熱・・・床下で1年中地中熱を回収。


④室内給気口・・・室内天井付近に設置。直接身体に風が当たらず、肌に優しい設計。
給気温度:夏26~28℃冬15~18℃

⑤室内排気口(床面排気)・・・床面下排気口から比重の重いダニやホコリ、花粉、気になる匂いを排気し、小さな粒子までしっかり集塵して排気。

⑥排気ダクト・・・十分なダクト径で長年目詰まりせず低圧損。


⑦DSDD本体・・・床下に設置されたDSDD本体。DCモーター駆動で省エネ設計。ひと月の電気も経済的。

⑧消音ダクト・・・消音断熱3重構造で送風音も静粛。

⑨屋外排気口・・・排気が持つ「熱」をエアコン屋外機に当てることで熱回収を行います。空気は「循環」させるのではなく「使い捨て」が基本。


スーパーバリアフリーだから将来も安心

外部から玄関まで段差(高低差)があるのは構造上やむを得ないものです。その範囲のバリアフリー化はスロープなどの設置により、比較的容易に解消されます。 多くの住宅は玄関からフロアーに上がる際も段差を設けています。果たしてその段差が本当に必要なのでしょうか? 匠建の家は、玄関から段差がない『スーパーバリアフリー』を積極的に取り入れています。ベビーカーでもそのまま押して家の中に入れるので快適です。 また、つまずきによる事故も未然に防げるため、安全に暮らせます。万が一不慮の事故や、加齢により将来車椅子の生活になったとしても、リフォームの必要もありません。 また、スーパーバリアフリーのもうひとつのメリット。それは、お掃除ロボットの導入で毎日のお掃除が飛躍的にラクになるということ。家事時間の短縮にも繋がります。 家の中に段差がないから、埃や花粉などのハウスダストやダニ、床に落ちた髪の毛など、トイレや階段以外の床はすべてお掃除ロボットにまかせることができます。

トイレ・生ゴミの匂いが気にならないからとっても衛生的

汚れた空気が溜まり易い箇所こそ『床面』で排気するのは、私たちの家づくりにおいては常識です。

トイレ独特の匂いに抵抗がある方も多いはず。
匂いの原因は人間の鼻より上に位置する天井や壁に換気扇が設置されているからです。
空気の流れは便器から換気扇に向かって上昇していきます。
すなわち用を足した自分の前を通って排出されていくことになります。
想像するだけでなんだかいやな気分になりませんか。
それが床面で換気するなら…。
用を足しても自分の顔の前を匂いが通らず排気され、また空気より重いホコリなどの浮遊粉じんも一緒に排出されます。


また日々の調理で出る生ゴミ。生ゴミはヌメヌメするし、嫌なニオイも発生するからなるべく外に出してしまいたいもの。
そんなことからいつの間にか定着した勝手口。
勝手口にはそんな用途しかありません。
また雨の日は生ゴミが雨に濡れてほしくないから途方に暮れます。
だったら、カップボードの下部に「生ゴミ置き場」を設置しましょう。
生ゴミ置き場に設置された排気口は、24時間365日換気をし続けています。
空気の流れは生ゴミ置き場からダイレクトに外に排出され、嫌なニオイはキッチン・リビングには届きません。
また、常に換気をしているから生ごみ自体が乾燥し、可燃ゴミとして早く処理することが可能になります。
一家にひとつ、生ゴミ置き場を設置しましょう。


冬の結露は非常識?もう結露に悩まない

冬になるとあなたを悩ませる『結露』。結露はサッシや壁が濡れるだけでなく、健康に対するリスクが増加します。
結露が発生すると、カビの繁殖に好条件の環境をつくってしまい、さらに室内で舞い上がったカビを吸い込んでしまうと喘息になってしまう恐れもあるのです。


また、家が受ける外部からの影響はそれぞれの部位、そして季節によって異なります。
夏の強烈な日射で受ける影響は、屋根から約9%、換気で約5%、壁から約13%、床から約2%。それに対してサッシからは約71%もの影響を受けます。
また、寒い冬には暖めた空気が屋根から約6%、換気で約17%、壁から約19%、床から約10%、サッシから約48%の熱が逃げて行きます。(※一般的な住宅)

これではいくらエアコンなどの空調設備をフル稼働させても外部の影響を大きく受けてしまいます。 こうした事からも断熱材の高性能化、気密化だけを高性能にすればいいのではなく、影響を大きく受けるサッシを高性能化する必要があります。 匠建では外部建具を「樹脂サッシ」、ガラスは「low-e複層ガラス」を標準仕様としています。


地中熱ってどんなもの?

中熱の定義

外気と地中熱取得後の吹出し温度の比較グラフ

『地中熱とは地下の比較的浅い部分にある比較的低温の熱を意味する。地熱の一種ではあるが、火山活動等に伴う地球内部からの熱ではなく 太陽エネルギーによる熱である点が異なり、一般に火山活動由来の熱である地熱とは区別される』
とあるように、夏に直射日光をたっぷり浴びた地表の熱が冬場に現れ、 冬場に冷やされた地表の熱が夏に現れることになります。
匠建ではこの「地中熱」を採取し、絶えず給気し続けます。 その温度は非常に安定しており、外気温が0℃でもおよそ13~15℃の地中熱を取得する事ができます。またこれに熱交換をさせることで冬場の給気温度は驚きの18℃。
逆に夏場は外気温が36℃でもおよそ26~28℃に冷やされて室内へ供給されます。
この空気を絶えず室内に送り続けることで冷暖房の負荷の軽減を図ることが可能になります。


能と家計の関係性

『年間約12万円の光熱費の家をご提案』Furahaを呼ぶ装置の採用や、断熱・気密・換気の向上により、夏や冬にできるだけエアコンを使わずに過ごせる家を実現。 ランニングコスの大幅な削減が可能になりました。 四季を通じて快適な屋内環境をつくるとともに、通年エアコンを使用し続けても、年間約12万円の光熱費で暮らせるエコノミーな家をご提案しています。


効率の良い家だから経済的!
施工事例
page top